​安心で安全な環境を守り続ける「オレアアスファ」

オレアアスファとは・・・微酸性次亜塩素酸水(HClO)です

 

次亜塩素酸ナトリウム(アルカリ性)に、pH調整剤として希塩酸を希釈混合してほぼ中性に安定させることで、次亜塩素酸ナトリウムの強い分解力を持ちながら安全性と分解速度を高めた除菌・消臭水です。

 

人がいる環境での空間噴霧も可能な為、幅広い現場で安心・安全に感染や悪臭の予防対策にお使いいただけます。

感染の原因を強力除菌
 

アスファの主な活性成分である次亜塩素酸分子(HClO)は、微生物を構成する有機物を攻撃するので、多くの微生物に対して有効な除菌水となります。
 

O-157をはじめとする大腸菌や黄色ブドウ球菌、クロカワカビなど、多くの細菌に効果があることが確かめられています。
 

また、次亜塩素酸分子は次亜塩素酸イオン(ClO¯、次亜塩素酸ナトリウムの主な活性成分)に対し、約80倍優れた分解速度を持っていますので即効性があります。

従来の消臭剤と異なる消臭メカニズム

 

一般的な消臭剤は、マスキングといって臭いの原因を芳香で包み込むというものがほとんどです。
 

香りがするので消臭できている気がしますが、香りで誤魔化しているようなものです。
 

オレアアスファなら臭いの原因となる菌・ウイルスを瞬時に分解・不活化しますので、誤魔化すのではなく悪臭の原因を根本から解決します。

除菌・消臭した後は水に戻るので安心・安全にお使いいただけます

 

感染や悪臭の原因となる菌・ウイルスを瞬間的に分解・不活化したのち、アスファ自体も効力をなくすため残留性がありません。

 

従来の塩素では困難な空間噴霧も可能です。
 

人体に対して無害で、肌に触れたり、誤って口に入れても安全です。

ASFA安全性.jpg
ASFA一般消毒剤との比較.jpg
ASFA感染の主たる原因となる菌に対する分解力.jpg
ASFAまな板除菌試験.jpg
ASFAhokoku1.jpg
ASFA_hokoku2.jpg
ASFA_hokoku3.jpg
ASFA_hokoku4.jpg